忍者ブログ

 仙台 渡邊秀樹

 仙台住 渡邊秀樹ブログ

8月15日 般若心境を 精霊に捧ぐ 大石順教尼

2014年 8月15日投稿


 本日、 8月15日







 









少年の 採用嘆願血書




















口筆 紺紙金泥 大石順教尼 般若心経



















尼、あまさん というと


皆さんは どなたの名前を 思い浮かべるでありましょうか





仙台を ” 第二の故郷 ” と語った 大石順教尼は

明治21年生まれ



11歳で 山村流 京舞いの 名取を許され


舞踏専一に修行、生活をしていた 順教さんは



若干 17歳 の時

俗に言う、「 堀江6人切り事件 」 の悲劇に遭遇




日本刀で 両腕を切り落とされたものの 一命をとり留めた 唯一の生存者





両腕を失い 踊りの道、将来への夢、希望が断たれたなか





来仙の折

滞在中の旅館で


カナリヤの親が、クチバシで 子に餌を与えている状景を見て 一念発起



口に筆をくわえ 文字を学び



出家得度後、

80歳の天寿を全うするまで


京都山科 勧修寺境内に 身障者の相談所を設け


傷病兵の慰問活動、身体障害者福祉活動に一生を捧げる





仙台人には 是非 知っていて頂きたい人物であります




自著、「妻吉自叙伝ー堀江物語」、「 無手の法悦 」は


古書店等で 比較的容易に購入出来ますので 一読御薦め致します




























” くちに筆 とりて書けよと 教えたる  鳥こそわれの 師にてありけれ ” は、


仙台滞在中、旅館の庭で見た 鳥の教えを歌ったもの


































順教尼は 時間が許せば 暫時 写経をし、希望者に無償で配っていました















 


元臨済宗妙心寺派管長、花園大学学長 山田無文老師 箱書き識の一幅に 御縁是有


































口筆 般若心経、 順教尼の笑顔を 精霊に捧ぐ






















2014年 8月15日投稿






































拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
渡邊秀樹
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/16
自己紹介:
「勇猛精進」
三船十段 書

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者カウンター