忍者ブログ

 仙台 渡邊秀樹

 仙台住 渡邊秀樹ブログ

鈴木祐子さん 石巻中央公民館湊分館 ピアノ&フルート演奏会、初ジャズフェス

2012年 9月10日投稿



鈴木祐子さん 石巻中央公民館 湊分館 ピアノ&フルート演奏会







ここのところ 音楽づいている



ピアノ、フルートの 生演奏を聴きに行ったり



日本最大のストリートライブイベントらしい、

定禅寺ストリートジャズフェスティバルに 初めて行ってみたり




私 個人的には、

音楽に  あまり  御縁が無いまま この歳まで生活してきた




家には テレビ、ステレオ等の音響機器も無いし


5万円で買った車には ラジオしか付いていない




ドライブや 自転車での通勤は


自然の景色を見ながら

読んだ書物の内容を 反芻出来る時間



東京や 青森まで 3~4時間の運転も

音楽は 思考の邪魔をするので 無い方が良い



カラオケも 歌った事はないが


宴会の席で  求められれば

荒城の月、 さんさしぐれ、 君が代

斉太郎節(大漁唄い込み) を歌うは やぶさかではない


それは、 音楽 というよりも

郷土愛の発露 という感じか




母方の実家が 青森なのは こじつけかもしれないが

高橋竹山の CDは数枚持っている




ライブは

グリニッジ・ビレッジの Blue・Noteで


シュガーシャックの 文人さんと

レジーナ・ベルを 観に行ったのが 最初で最後か





20代から ご縁がある  お能


老後は、

尺八、 管弦楽の生演奏

クラッシックのレコードなど 聴いてみたくなるかもしれない



私と音楽 は

そんな感じ である




先週末、 

ステンドグラス スタジオ ” くらむぼん ” 宍戸秀一さん ” Mono Mix ”


福岡で お世話に成った、

ブルースバカ一代 ヤスさんの ” 筑前がめ煮バンド ”  の演奏を観に行くために



生まれて初めて

定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバルへ







宍戸秀一さん Mono Mix
















筑前がめ煮バンド、皆さん はるばる福岡から参加














熱心カメラマン、なつかし屋 ワゴさん、元窯 智さんと

















そして今週、仙台の ”ミスター・JB” キヨシさんからCDを頂きました


















キヨシさん




キヨシさんの紹介は、音楽ボキャブラリーに乏しい私には難しいので

こちらの HP 是非見てみて下さい



ジェームスブラウン バイオグラフィー、ディスコグラフィー、レコ漁日記等

濃厚な内容、画像満載です



ジェームスブラウンに限らず、 あらゆるジャンルの 音楽好きな方


キヨシさんの、音楽&ジェームスブラウンに対する、愛と姿勢に

ノックアウトされると思います








キヨシさん制作の 東日本大震災チャリティー ジェームスブラウン マグ







いわゆる、一般的に言う 音楽  とは 違うかもしれないが


私は、

鼓(つづみ)、能管(よこぶえの一種)、津軽三味線、尺八、和太鼓に  心躍る



私が 初めて 御能 を観たのは New York



マンハッタン 国連ビル前の ジャパンソサエティーでは


日本の伝統文化を紹介する という目的であったと思うが


ニューヨーク在住の 各国大使を招待し


度々  お能を 催していた



友枝さん をはじめ


囃子方も 人間国宝の方など 歴々の実力者を呼び


オールジャパン とまでは 言わずとも

非常に 質の高いものだったと、 今あらためて思う




幸運にも、

初めての お能観賞が

それら豪華メンバーの 素晴らしいものだったので


私は、あっという間に 虜に成ってしまった




私の中の  御能は

休みの日に 東京へ出て楽しむ 伝統芸能  という感じではなく




伊達の殿様を始め


一騎当千の 戦国武将が



背筋を伸ばし 床几に腰掛け居並び



盃を傾け、

時には舞台に立ち 舞いはじめる という様な イメージである



シテ、ツレは もちろん


鼓を打つ 所作


板床に正座をし 真剣三昧の 地謡方を見ているだけで



背筋が伸び  血が騒ぐ





日本人に生まれて良かった と 



体細胞 ひとつひとつが 熱を帯びる






先だっての日曜日、 石巻市公民館 湊分館にて


当店 カウンターでお馴染み 銀さんこと

彫刻、陶芸家 鈴木厚氏 の奥様、鈴木祐子さんが


石巻市復興を考える市民の会主催の 演奏会に

はるばる 茨城県から 無償でフルートを演奏しに 来てくださった




私は初めて聴く フルートの生演奏



クラッシックも 素晴らしかったが



フルートによる  福島和夫氏作曲の 「 冥 」 (メイ) 




久しぶりに 音楽で 気持ちが昂った



フルートの生演奏など 聴いた事のない 私は


大いに 感動した






小声で お喋りしていた

聴衆の おばさま達をも黙らせる


気品と 迫力がありました





目をとじて  音源だけ聞いたならば


素人の私には

楽器が フルートとは 答えられない感じというか


技術云々は 全くわかりませんが


祐子さんの演奏は

耳から~脳 というよりも


祐子さん自身が 心胆に染み入って来る という感があり



現場に 聴きに行けて幸せでした




生では無く  録画映像ですが


演奏が始まってから 

これは! と思い カメラを 動画に切り替えたので



冒頭数秒を逃してしまったが

承諾を得たので


ご紹介致します










「 冥 」 (メイ) 







2012年 9月10日投稿








































拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
渡邊秀樹
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/16
自己紹介:
「勇猛精進」
三船十段 書

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者カウンター